兵庫県姫路市 看板 デザイン 店舗 デザイン 看板|野田屋意匠工房

兵庫県姫路市 看板 デザイン 店舗 デザイン 看板|野田屋意匠工房

HOME/看板 デザイン 店舗 デザイン 看板

看板を検索/看板 デザイン 店舗 デザイン 看板
看板一覧
ORIGINAL SIGN
お支払い方法

制作実績/看板 デザイン 店舗 デザイン 看板
最近の施工事例
屋上看板/壁面看板
大型自立/ポール看板
造 形
袖看板/置看板
CIデザイン/ロゴデザイン
店舗・商業施設・ディスプレイ
絵画/彫刻
銘板/BOX/タペストリー
話題の看板/おもしろい看板
LED/ネオン
メンテ
CI
造形 製作過程
最近の施工事例の詳細
Degital Poster
デザイン料
お見積り・お問い合わせ/看板 デザイン 店舗 デザイン 野立て 看板
お見積り・お問い合わせ
社長のブログ5
社長のブログ 4
社長のブログ 3
社長のブログ 2
社長のブログ1

野田屋意匠工房 │看板 デザイン 店舗 デザイン サイン 製作 野立て 看板│

HOME >> 野田屋手造り看板即売劇場 >> 通信販売(規格品) >> 看板一覧

オバマ大統領第2期目スタート
1月21日ワシントン、Pオバマ氏、リベラル政権へスタート!70万の祝福に包まれて、
素晴らしい国歌のソロを、シンガソングライターのビヨンセが熱唱する。ビヨンセは
アフリカ系アメリカ人とアメリカンインディアン・フランス系の母の間に生まれ、ルイジアナ
のフランス読みからビヨンセとなずけられたという。「聖歌隊員」だったらしい。
アメリカ国内も銃規制問題等、難題が多いが、リベラルをとうし、活躍を期待したい
世界が貧困問題から宗教問題になり、テロへと発展し行く時代、非常に不安な
時代、こういう時代の中、強きリーダーが不在の時代、報道も偏らず中道姿勢で
願いたいし、平和理念をシッカリ持った、「胆力」あるリーダーを念願する

好色
江戸時代は恋愛という言葉がなく、恋と言っていたとある。愛は子供等にむける
言葉でつかわなかった、恋の文化を「好色」言い、「色」はこの世のあらゆる現象
をいうがあ、とりわけ人と人とを美しくすることを「好色」といい「恋」と言った。
恋の始まりは、手紙だそうだ、それも女性から誘う、羨ましいですが。江戸時代
は寺小屋で学び、教科書は往来物と言い、文体になっており、子供の頃から
手紙を学んだらしく、ロマンチックな文体だっのかもね?和歌・俳諧など、を入れてね
美しい恋物語は、こういう素地があればこそ、出来たのでしょうね?遊女も
書も学び、和歌・俳諧・漢詩等も学んだというと、少しイメージが違ってきました。
近松門左衛門の「曽根崎心中」をはじめとする、心中物語も、こういう素地のなか
生まれた、美しい物語であったんだなと、「江戸の恋物語」の素晴らしさに乾杯!

人命の価値?
アルジェリアのテロで多くの人命が失われた。非常に残念である。また人命の価値が国に
よつてはこうも違うものかと唖然とする。グローバルな社会である。ますます外国での
活動が不安になる。工事を発注する側に、命の保証を確保させないと不安である
我が日本はあまりにも平和のため、世界へ出ていくとこの心構えが再度注目される。
今回、被害にあわれた家族の方々に、哀悼の意を・・・・・・・・・・祈り

名横綱大鵬逝去される
第48代横綱「大鵬」名実ともに角界1の名横綱である。ウクライナのコサック騎兵隊の
将校を父に、日本人の母との間に生をうけ、樺太経由で北海道にかえり、苦労の中
定時制高校へ通いながら、林野庁の仕事をする中、スカウトされ角界にに入門する
1956年だった。そして1959年に十両へ、1960年幕内へ、1961年に新入幕で
はじめて敗れた「柏戸」と共に、横綱へ以後「柏鵬時代」の大相撲の一代黄金期を
築く、巨人・大鵬・卵焼きとまで言われるほど、高度成長期の象徴でもあった。
72歳とは残念である。僕も幼い頃(小学2〜4年頃)は相撲取りが憧れであった。
それと言うのも、父の従兄弟さんが、十両力士であったせいか、我家では相撲の話題
が多かったし、従兄弟が関取りと言うのが、自慢でもあった!こんなことで、僕も
よく相撲をして遊んだものだ。ちなみに従兄弟さんの四股名は「大日山博司」である。
日本の国技相撲、日本の風情の中で、いろいろな処で楽しませてくれる。「柏戸」との
エピソードに、横綱までの対戦成績は、3勝7敗だったのを、横綱昇進後は18勝9敗と
勝ち越し通算は21勝16敗だったという。ヨーロッパ旅行に入っていて「柏戸」に敗れた
時は、稽古もしない「柏戸関」に勝てないのかと泣いて悔しがったという。引退後も
柏戸関の出足は脅威だったとも!また生まれ変わったら、柏戸関のような相撲取り
になりたいとも・・・いい話ですね。一流人は違う!天才は努力の異名と言うけど
「大横綱大鵬」はその言葉どうりの人なんでしょうね。
僕たちに勇気・希望を送ってくれた「名横綱大鵬関」に感謝・感謝

景気は浮上?
政権交代後、株価のアップ・円安と、アベノミクスが顕著に姿を現しつつある昨今
希望が湧いてきているように思える。景気の動向は、消費者マインドが60%とも
言われいかに消費者に希望・安心を与えることだ。世界が一体化のグローバル
な社会の中で、舵取りは難しいと思うが、是非頑張ってほしし!今こそ日本人
の素晴らしさを世界に宣伝する時、四季があり、人情熱く、料理も美味しく
道徳心も強く、おもてなしは世界1.こういう素晴らしい我が日本!が
次世代の中心的役割をはたす!期待してます、辛抱もします、頑張ろう

芥川賞2013
昨日1月16日の夜、芥川賞の受賞作家の紹介を報道していた。なんと芥川賞は
75歳の女性である。何か勇気をもらった想いでみていた。年令には関係なく今の自身の
想いをまた社会に対しての想いを書きつずる。社会に伝えたいこと!ありますね!
今ほどの変化の時は特にね。挑戦だね

小正月とんど
近年復活の「とんど」しめ縄等正月の飾り物を焼はらう。最近は各地でみられる。
これも、地域行事の一環としてあり、宗教的儀式感はないのである。本来
無病息災・商売繁盛を祈念する御祭であるが、我が地域では、あまり宗教色
は感じない。唯日本の風情として15日は「とンど」の火を観、正月の終りを感じる

心の時計
正月も幕ノ内が近くなり、普段の時間フレーズにもどりつつ感じるには、時の流れの
早い事である。年を重ねることに早く感じるのは「心の時計」らしい、子供の頃は
何事も初めての経験が多く、心の時は細やかに刻まれる、感動・感激の感じる機会
も多い。大人になると、感動・感激や胸躍る機会が少なくなってくる、加齢で代謝も
にぶり、実際の時間より早く感じるらしい。大事な事は、心は青年のごとく、夢をもち
挑戦出来ているか?であろう。何事にも、恋するがごとく胸弾ませていく。大事な事
「心の時計」は年齢じゃなく、精神力の若さの問題ではないかと思います。
何歳になっても「心の時計」は20歳!こういきたいですね!!!!!!!!!

50ヒフティーズ
先日らい時折50ヒフティーズのレコード(CD)を買う。懐かしい曲ばかりである。
中学生の頃からのシンガー。ポールアンカ・二ールセダカ・等、想いで深い曲
である。音楽には、歴史が重なって脳裏をはしる。その曲に想い出がある。
涙で聞いた曲・恋に浮かれて弾む曲、色々だ。でもいいなー音楽は!

10日恵比寿!
西宮恵比寿は早朝より、200m競争である。江戸時代よりつずくと言われるように
さすがわ1番福を求めて1500名が競争である。我が地域の神社でも、10日恵比寿
でにぎわいを見せている。日本の風情の一こまである。正月3日〜10日恵比寿〜
15日で幕ノ内が終わり、弥生3月を楽しみに、如月2月の寒の厳しさを耐えしのび
四季の移ろいで、日本人の感性が磨かれる。「冬は必ず春となる」との金言があるが
人生の冬場は必ず開けて春となるとの事、恵比寿さん!はその想いを叶えられるよう
庶民が創造した知恵なのか?いやはや日本人は感性豊か!お見事

宵戎
明日が10日恵比寿、西宮のえべっさんは、商売繁盛を願って、大勢の人や!
景気ええで!今日は前日の宵戎である。明日は本戎そして明後日は祭礼の日、恵比寿
は7福神の中の一人、釣り竿に鯛をもち、海から幸せを運んでくる神さんとされ、魚業の神
商売繁盛の神とされ親しまれている。「商売繁盛で笹もってこい」は釣り竿の先の笹の事
今年は本物の恵比寿さん!が出るか!たのしみやでぇ!!!!!!!!!!!!

八重の桜
昨日よりスタート、楽しみにしていた。この一年また楽しめるので、期待大である。
21世紀は女性の時代と言われて久しいが。凛々しく、こう生きたいと男でも想う
女性である。再度幕末から明治の時代移行を観てみたい。平成の今の世と
似ていると思って参考にもするが。変化をどう捉えるかである。変化が好きか?
である。幕末は武士という階級制度が無くなる!壮絶だったろう武士は!
最後は「西南の役」で終結するが。自身に置き換えたなら、この変化が理解
出来るかである。いまの僕なら、「西南戦争」に参加してるかも?こんななか
八重さんは、生き抜き、後世に残した功績は大きい!素晴らしい女性!
今政権は、女性を重視し、活躍の場を設けている。女性は平和である。
女性の力で平和理にことを薦めてほしい!期待する!我家の女将さんにも!





懐かしい旧知人からの便り
1月5日。20数年ぶりにメールでお便りがあった!あまり懐かしいので、早速電話する
懐かしい出来事等を聞く、元気な声である。互いに年老い、子供・孫お話題になるが
一生懸命、生き抜いた人生劇場の一幕を、お互い確認する様な対話だった。
長寿社会である、日本の平均寿命は女子が96歳男子80歳である。10年をひと区切り
で考えると1.5区切り〜2区切りできる。まだまだ!夢実現まで時間はある。
慌てずゆうゆうと!闘っていこう!同期を生きる皆と、励まし合い、後継に見本となる
人生の生きざまを示していきたい!これを聞かいに、旧知の友にも、友好を深めたいもの
である。善いものである!人生での友は感謝感謝である。

初えびす
1月5日は「初えびす」は熱田神社である。景気の予測が善いのか?大きな熊手が
TVで放送されていた。こういう庶民の期待感が大事である。所詮国民が景気も決める
だから政治は未来に安心が感じれる政策を出さないといけない。期待をこめて
商売繁盛でささもってこい!

葵巳
2013年は葵巳の年である。「巳」という文字は、己(起こる)・已(止める)・巳(発生)と
巳は胎児を表す漢字だそうで、十二支では、12年間で一順し時代が変化する。その
6番目が巳である。スターとして5年間で葉が繁り始め、6年目から実を付け始める。
巳の胎児は実の事で、新たな時代が実り始めるという。変化の中で、面に見えて形
がでてくる時代かもしれない。時代40年節から視ても、同じと思っていたが、確信めいた
十二支からの時代予測だ。どちらにしても、政権も変わり、アメリカも経済の「崖っぷち」
も平穏に行きそうだし、期待大の時代んお幕開けであると確信し、夢まっしぐらと!
いきたい

2013年正月3ケ日
今日1月3日休日は過ぎるのが早い!年末より、風邪気味だったので、自宅で
映画を観る、時代劇から洋画・歌舞伎・落語等、ビールをちびりちびり、頂きながら
先程まで、炬燵の中であった。「正月4日の客」と言う、鬼平外伝(池波正太郎)
作品が印象的だった。正月の夜は好いな!家族が集まって、談話に盛り上がり
これで1年頑張ろうとする。元気をもらって、仕事のことも、焦らず考えられて、
じわりじわり、決意が固まってきて、大事にしたいな!正月休暇は!


2013年元旦
おめでとうございます。正月休暇である。家族で久しぶりで団欒である。
1月2日に新年勤行会に参加である。一年のご祈念をする。
闘う一年に!特に自身については、厳しく見つめていこう!何事も悔い無!
の365日を!

2012年大晦日
今日は大晦日である。先程年賀状を投函してきた。一年の終りであり、後4時間で
2013年のスタートである。休暇中は一年の総括・2013年への計画を・・・・・・・・
まぁ!おつかれさま!

もうすぐ正月!
今日は三十日である。この忙しい時期に、僕は風邪をひいてしまい、何かと困っている
年賀状・挨拶にもだ、今日は友人の高島君・赤穂の妻井氏(書家・古代文字研究家)
が同じく訪問してくれて、短い時間だったけど有意義な時間を過ごした思いだ。
いつになっても夢を追ってい生きている人は魅力的だしいい刺激になる。人は環境で
変わるという!(環境が人を創るのか・人が環境を変えるのか)そう言う次元から、人・自然
を想うと、正月は一年の一区切りで明年のスタートである。長い休暇もあり、リフレッシュ
できるいい機会である。昨年までを0に戻し、考えて観たい!日本人は正月が好きだ!
我が家も長男がシンガポールから帰って来た。色々積もる話を聞きたい!
明年が景気の善い年であります様願ってやまない!・・・・・・・・・・・・・・一年に感謝して

第二次安部内閣誕生!
12月26日内閣スタート!大きな期待を背負って、頑張ってほしい!前政権の野田首相
は、鳩山・菅総理の尻ふきから、スタートされなかなか決めれなかった、消費税を決め
最後まで戦った総理で僕は拍手を送りたい!全体的には、民主党政権は、不慣れの
一言!もう少し大人の政治手法であればよかったのに?と思う。また色々ありすぎた
特に3・11は、凄まじかった!この日本に自然界からこれでもか?と言われているように
も思えたぐらい、バブル崩壊からの20年の最後、とどめ!のような出来事だった。
ともかくデフレ脱却・外交・経済再生大いに期待しエールをおくる!!!

景気回復?
円が下がり、株価が上がる、政権が変わるだけで変化する。これこそ景気の動向は消費者
マインド!である。しかし長期的に景気が上向くには安定した雇用が最も大事である。
20年に及ぶデフレで傷んでいる市場、早く回復軌道に乗ることを期待して見守りたい。
グロバル社会である。生活行動にも変化の度は大きいし、業界で善く先行きを視ないと
いけない時でもある。もとより変化を好む自身でありたいし、チャンスととらえ挑戦していきたい
今回が大きな時期である。景気回復とともに、我社も一皮脱皮したいと願っている

平清盛最終回
今日12月23日で最終回、いよいよ壇ノ浦である。歴史は色々事実はこれだと、言われる
が、安徳帝の入水も、説がある。平家の残党に見守られ16歳で崩御するという説だ
九州・四国地方で20か所ぐらいで色々言われている。吾輩も、入水せず生き延びたと
考える。平家再興の旗印である。あらゆる手段を持って守っただろう.。今日の映像では
三種の神器と共に時子とともに入水していた。ラストシーンだけに迫力はあった。
あまり映画に取り上げられない題材を、よく脚色・演出しリアルな映像の印象があった
視聴率?どうのとあったが、私は総体的によかったと想った。一年間有難うございました

ロト6キャリーオーバー!
12月24日は4億円のコースである!吾輩も4年の年月をかけ、追い求めております。
さぁ!いざ4億勝負といくか!

忘年会
今年ももはや忘年会である。景気がどうのこうのと言っても、忘年会だけは忘れない
食べて飲んで喋って憂さをはらす。男が気兼ねせず、おおぴらに騒げる機会も
最近は減ってきていて、寂しいが、景気を早く上向かせ内需拡大に力を入れてほしい
自民党さん!たのみまっせ!おおきに!

師走の風情
12月13日「事はじめ」から、正月を迎える日本の風習。一年で一番楽しい時期
でもある、僕だけかな?この年齢になっても正月は嬉しいもの!年の瀬の楽しみは
「忠臣蔵」に紅白か?いいね!日本!良い年にきたいするね!

温泉へぶらり旅
今日うきうき気分で女房が三朝温泉へ妹と二人旅、しかし嬉しそうだったな・・・・・・・
まぁゆっくり温泉に浸かって、心も身体もほぐして、リフレッシュな気分で年末年始
を、味わって下さい。いつも、

2012年衆議院選挙結果
予想どうり民主党の3年間のきu決まらない政治に!NO!をつきつけた選挙であり
決して自民党を信頼してではない。民意は共通して同じで合って、平和主義であり
外交・経済・観光・文化交流・原発・TPPも総てが、平和理に進行することを願い
そのことをどの党が実行力があるのかを、選択した結果である。両極に走るのでなく
中道である。異文化との対話も、その精神は中道主義(人間主義)であることを
忘れないでほしい事を、願いまして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・一応万歳です!

2012年衆議院選挙投票日
投票率が6%低い推移で、現在午後5時である。どうなるか

2012年大河ドラマ「平清盛」終盤
後2回で終わるそうだ。「平清盛」視聴率が低いと報道もされたが、私は観つずけた。
歴史好きの私には善い勉強にもなった。また映像が素晴らしかった。時代考証・表現力
衣裳と日本人なら、興味のあるものばかりでよかったのでは、毎回のプロローグもよかった
これ程、平家一門を描いた作品は無かったのではなうか。幕末・戦国ものは、解りやすく
面白いのが多いが、事歴史ものは、物語になりにくいのか、色恋ごとが少ないのか?
それらの中、今回の「平清盛」は素晴らしい出来だった。最終回は「壇ノ浦」だろうから
楽しみに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・感謝して

2012年赤穂「義士祭」
今日先程12月14日、赤穂市では市民による義士祭が開催された。毎年のことでは
あるが、年の瀬を迎えると、つい忠臣蔵が観たくなるのが日本人である。選挙中も
尖閣の問題中も、とりあえず年末は忠臣蔵である。今日の47人も興奮した一日
だったろう。一度っでいいから体験してみたい>

2012年衆議院選挙終盤
今日先程12月13日(事はじめの日)午後3時頃、姫路駅前で、党宣伝カーが、必死
の訴えをいていた。2大政党から他党派へ移行か?どちらにせよ、大きな変化時での
選択である。何を訴えているのか、我々もよーく聞き耳をたてて、選択しようでは、
ありませんか!綺麗事ばかり?抽象論ばかり?現実を直視しているのか?
選ぶ側の問題でもある。投票は一人一人の権利である!物申す機会でもある
シッカリえらんでいこう!

異体同心
異体同心で頑張ろう!これが出来る組織は強固であるでしょう。身は違えども
目指すところは同じという事。我社も同じであるここ等がリーダーの指揮の執りどころ
エエカッコ!すな!と言われるところだが、夢を現実化しようとするなら大事な一点!
12月14日(元禄14年)赤穂浪士の心はこの異体同心のつわものの集まり!
だから成就させれた。先々の用心(計画性)・けがねな心(勇気)その根本に
異体同心の精神である。赤穂浪士にあやかって!がんばろう!!!!!!

心地よい夢の中
昨夜12月10日は、睡眠前の24時頃風呂に入る。ゆっくり温めて、ワインを飲み
寝る、夢を観るでもなく、心地よい気分で朝を迎えた、後で考えると、旧友が夢の
中で元気に話していた?陽だまりの?暖かな雰囲気の中である?夢の中は
意識の範疇?無意識の範疇?どちらにしても、夢の世界は僕は好きである。
覚めた後で、いろいろ興奮もし、反省もしで、自身の深層世界をかいま観るのが
楽しみである。昨夜の旧友も、さぞ楽しい日々を送っているのだろう。
それこそ先輩達の中で、甘えてゆっくりとした時間を楽しんでいるのでしょうね。
またまた夢の中で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・再会しましょう

期日前投票2012
昨日12月9日、期日前投票に友人と行く、大勢の人だった。関心度が高いのが
解る。どちらにせよ、日本を世界のモデルのような国に、造り上げてくれる党に期待



2013年事はじめ
12月13日が事はじめ、正月の準備が始まる、と言っても我々現在人は、そうも持出来
ない。京都の舞妓さんの世界位なのか、日本では季節季節に節目をつかい、上手に
一年をやりくりする術がある。四季と共に生きてきた知恵であろう。しかし1年は早い!
年のせいか早く感じる。じっくり季節を味わいながら生きて観たいものだ。

忠臣蔵ウィーク赤穂
今日は赤穂へ行く、高取峠を越えると、道端に「忠臣蔵ウィーク」という、のぼり
が数多くひらめいていた。12月14日は「義士祭」である。観光客も多く見かける
季節である。晩秋の赤穂は、街並みも何か「忠臣蔵」一色である。赤穂は
浅野家から森家に移行し、明治をむかえる。数十年前に、森家の最後の小姓
と言われる老紳士に出逢ったことがある。私が最後の小姓でしょうね。と記憶に
ある。確かお茶屋さんでの事と思う。今年はTVで「忠臣蔵」の過去の映像
の何点かを放映するらしい。楽しみである。播州赤穂は元気いっぱい

中村勘三郎逝去
2012年の師走に、名優・歌舞伎役者の18代目中村勘三郎さんが逝く。
57歳とか、平成「中村座」は、歌舞伎の世界に、ひとあなあけた、素晴らしい企画
だと想った。三社神輿が華をそえたり、格式ばった世界に、かざあなをあけたようで
勘三郎さんにしか出来ない演出。歌舞伎が江戸時代の原点に返ったような舞台つくり
大きな変革をもたらした素晴らしい役者である。歌舞伎界の時代の寵児的存在
惜しまれる。歌舞伎の世界では、悔やまれるリーダーではなかったか。
色々、素晴らしい歌舞伎を「ありがとうございました」一ファンより・・・・・・・冥福を祈り




ラーメン専門店「八州」
先日逝去した、戦友の経営していた店である。40年前、僕が薦めて開店する。
以後地域の皆様に、御贔屓して頂き、「繁盛店」として栄えてました。
昨日12月4日に、記憶に残しておこうと、「八州」の店舗写真を取って置きました。
彼が闘った40年の重みと共に、ドッシリした雰囲気が感じられました。
ネーミングも僕の弟が「関八州」からとり、なずけました、昨日も、壁面の看板を
みて何か懐かしさを感じ、その時代の僕のデザインにも思い出を呼び起こして
いました。さびしいですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・戦友に感謝



晩秋の瀬戸内
今年は瀬戸の牡蠣がよい出来だそうだ。小粒だが、身は大きくプリッとしているらしい
そのような生産者の話を聞きながら、瀬戸内海岸どうりとドライブして帰った。
秋に紅葉した綺麗な葉が、今日みたいな小春日和の日に、爽やかな天からの、、
柔らかいそよ風に、舞いながら、落葉していく様をみながら、人生の生老病死を
思い描きながら車を走らせていた。何とも。生きていることの喜びを感じながら

中央道の天井崩落事故
今日12月2日、午前8時頃、突然の報道にびっくり!これも想定外事故か?
高度成長期の工事である。日本の安全神話に?だ。原因究明が求められる
世間何事も、なあなあが通用しなくなり、しっかりした製作能力が求められるj
我々業界も、危険といえば、一番危険なところに取り付けることが多い、だから
安全性を重視いした施工方法を求め抜かなければならない。
看板使用年数も、10年は持たせている、点検を義務ずけられているものの
現実は、忙しさと経費の嵩むことでつい、見過ごしてしまっているのが現状である
製作側から、提案をしていかなければ、進まない、不可抗力も仕方ないが
出来る限り、考えないとと、今回の事で、思ったしだいである。
突然!と台風などでの前触れがありとの違いはあっても、先々用心である。

2012年師走
今日から師走である。師走とは家に師(僧)を迎え読経などの仏事を行うに
「師馳せる」から来たものらしい、年のせいか、一年が早い!昨年の12月の
事が、まだ記憶に新しいのだ、何か40年間程、走りに走ったきた想いがある。
師走は、恒例の「忠臣蔵」観、新年の看板の用意をし、明年が景気のいい
年にと祈りを込めながら、この12月は、この季節の素晴らしさを満喫しながら
決意を新たにしていこう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・色々あった一年だった!

友の死
今朝早く、旧友の奥さんから連絡を受ける。昨夜(11月29日午後8時45分)広畑の
センチュリー病院で逝去したとの知らせだった。11時ごろ、自宅に伺う。
床の間に、安置されていた。思うれば、11月19日に見舞ってから11日めだった。
早かった!この3週間で2回夢に出てきた元気なころの姿。本当に辛い・・・・・・・・・・・
彼とは、幼いころより、毎日学校に共に行き、音楽に凝り・共に事業を立ち上げ
何か戦友的存在の人だった。晩年(40歳過ぎ〜)写真に凝り、プロ並みに成長
しょっぱなに姫路市長賞(男山からの姫路城を朝日にめがけて撮る)以後、毎年
年賀状で作品を紹介していた。見事!であった。考え見れば、我らの仲間は
どこか違っていたと想う!音楽仲間では、上田正樹君が、アマチュア時代の知人
メジャーである!何をしても、プロ寸前までは、入っていた感ありだった人が多い
戦友の死は、本当に悲しい・・・・・・・・・・・・・辛い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に、タダシ!お母さんの処で、ゆっくり!そして又来世で、闘おうぜ!
じゃあ!さようなら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・合掌2012・11・30

師走2012
明後日、師走がスタート僕はこの時期が好きである。この年になっても。正月は嬉しいもの
しかし今年はそうはいかない、日本の行く末を決める、衆議院議員選挙がある。
唯でさえ忙しいこの時期に、と思うがコレマタ仕方なし想いで深い師走になりそうfだ

商売繁盛
最近、感じるのは、市場がHPの影響で、大きく拡がっているのを感じる。HPは
営業活動の中では、総て(考え方・実績)をビジュウアルと言葉で紹介できる。
だから、いいものを創る!デザイン力・製作力がしっかりしていれば、大きく拡がった
市場で、勝負できる!本当の実力主義!良いデザイン・好い製作じゃないと
通用しない!いいじゃないですか・・・・・・・頑張ろう!と決意して

ローリングストーンズ50周年ロンドン公演
昨夜11月27日、TVで録画を観る。ミックジャガーが69歳・チャリーワッツ
キースリチャーズ・ビルワイマンの4人編成。まさに僕たちの青春!
観ていて興奮する。懐かしい曲が流れると、歌ってしまう!舞台でも
走り回るミックジャガー!年を感じさせないパワーだ。音楽は平和でいい!
ビートルズとは違う一面がローリングストンズにはある。バラードでも
好きな曲は、ルビーチュウーズディだった。何とも懐かしい!

衆院選・多党化の時代?
2大政党制から、多党化の時代?16の政党が乱立している今回、有権者の
審判は?原発・消費税・景気・雇用・外交・地方分権等、問題は山積だ!
こんな時は、強気のリーダーが必要である。特に今回は景気が悪すぎで、デフレ
脱却が直近の問題!TPPはこれまた開国は必至!内向き傾向の日本また
日本人我々が、グロバル社会を真から受け入れ、外向きに変えないと駄目な時代
である。難しい時代!ましてや3・11以降、原発に対しての不信感が政治全体に
大きく影響しているのが、景気を考える上で、悩ましい問題である。僕は
政治家・政党をよく視て判断してほしいと思っている。ぶれない!一貫性がある!


黄色の絨毯
今朝、手柄山(姫路の文化スポット)の廻りを、走ると銀杏並木が、黄色で一杯である。
まるで歩道は、黄色の絨毯であった。自然の織りなす、シーンは感動ものである。
いやいや!生きているこの素晴らしさを、再度確認する・・・・自然に感謝

景気も「心の変革から」
「経済は感情で動く」(マッテオ・モッテル二ー著)経済学と心理学の双方から考える
最新の行動経済学理論で注目される、例えば「他人の信頼に応えるという言葉は
国家の経済発展に関る役目も果たしている。国民相互の信頼感と協力の程度
が増せば増せ程、国が豊かになる。相互信頼と協力は私たちの快感をもたらすだけで
なく、経済的にも有益だというものだ。私たちの幸福は、周囲の人達の幸福や、
他人との苦楽の分かち合いと、切り離して考えることはできない」こうした観点から
「心こそ大切なれ」である。経世済民が経済活動の本義である。経済は人間の
幸福を実現する技術であり武器である(世界経済学者の・ガルブレス博士)の
言葉どうり、今、その原点に立ち返る時だ、競争と信頼相反するように思えるが
信頼こそが、真の幸福また大きく世界平和に拡がる根幹だと思う

勤労感謝の日
2012・11月23日「勤労感謝の日」は、小雨の一日だった。1948年に施行された
勤労感謝の日は、奈良時代の「新嘗祭」がきげんであるそうだ。一年の収穫物に
感謝するのが「新嘗祭」であるらしい。我が国は自然崇拝が多いが、環境に感謝
することは、21世紀の時代の要請でもある。日頃の活動に感謝し、ゆっくり心身を
休めよう!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先人に感謝し

レタリング
昨今、看板業界の中でも、レタリングすなわち筆書きが出来ない人が増えている。
我々世代では考えられない時代である。パソコンで総てと思っているのか?
基礎的に間違っているのでしょうか?デザインは、博学の集大成と思っているが
基本的に、デッサン技術がないとだめ!いくらPCでも、基本が無いと善いものが
出来ない。インクジェット印刷が普及しだれでもPCが使えると、看板が出来ると
錯覚する!ですから最近のまちなみの中の看板は素人ポイ看板が時折
目につく、クライアントも後で気が付く、看板対効果は少ないでしょう?
とにかくレタリング・デッサンは基礎的に身につけるものだと思っている>古いで

COPYRIGHT(C) 看板 デザイン 店舗 デザイン 野田屋意匠工房 ALL RIGHTS RESERVED.